生きていくうえでもっとも大切な知識の1つ

生きていくうえでもっとも大切な知識の1つといってもよい「性」が、いい加減に扱われていること自体が本来ならおかしいことです。今や高校生の半数以上がセックスをしている時代です。中学のときに経験する子供たちも増加していますよね。そんな環境の中、望まない妊娠や性感染症もまた若い人たちの中で増えているようです。性教育について、いつもいわれるのは、寝た子を起こすのか、という意見ですよね。性教育をすることで逆にセックスに興味をもち、セックスの低年齢化が進むのではないかという不安があるようです。しかし、子供たちはもう寝てなどいません。正確な性知識をもっていない子供たちが多いのです。その結果、望まない妊娠や性感染症の増加につながっているは事実ですよね。なのでもっと性教育は必要なのではないでしょうか。できれば中学1年生の段階で、基礎的な避妊方法と性感染症の知識を教えるべきではないでしょうか。未成年のうちはセックスをしてはいけないなどという前に、まずは正しい性知識を伝えることのほうが重要なのは間違いのないことでしょう。最後は本人たちの自己責任にゆだねるしかないわけですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>