女のしたたかさ

妻が実家に帰ったというだけで、夜眠れなくなるという中高年の男性がいるようですね。共感されたい、人とつながりたい、愛されたいという思いは、男も女もかわらない思いなんですよね。でも男はそれを口に出して言わないから、女にはわからないということが多いようなんですね。男はストレスに弱いのに、それに気がつかないということがあります。痛みに関しては女性よりも鈍感という部分はあるでしょう。しかも感情を表面化しないから、他人にはわからずストップがかかりにくいということもあるのかもしれません。ストレスがかかると男の脳は閉じてしまうと言われています。それは完全に閉じているわけではなく、わずかな隙間から、受容や共感を求める声が聞こえてくるのです。女はその隙を見逃さずに助けてあげることが大切になってくるでしょう。弱音は吐いてもいいのですよね。辛いと言ってしまえば本当に楽になるのです。さらけ出してしまえば、そこからまたリセットされて強くなれるのですから。弱音を吐いた後の女のしたたかさを見ればそれはよくわかることですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>