男性は女性よりも弱い存在

男性というのは女性よりも弱い存在だと言われるのは、自らの弱い部分を人に知られることを恐れることが多いからという面もあるのでしょう。自分の弱みにはふたをしてそっと心の奥のほうへしまい込み、なるべく見ないようにするのです。人にも見られないように、そして自分も見ないでその存在を忘れてしまうというように。見かけは態度も表情も誇り高く振る舞って、弱く、もろい部分などまったく存在しないかのように見せかけるのですよね。無意識の用心深さが男性はかなり発達しているのです。それが話し方にも表れるのですね。そんなこと話したら変だと思われるんじゃないか、そんなことを言ったら弱いと思われるんじゃないか、頼りないと思われてしまうんじゃないか、などといった思いを強く抱いている人が少なくないのですよね。自分の心の内を他人に打ち明けるときにはたいへん強い警戒感を持つものなんです。ひそかに好意を寄せていたことを女に打ち明ける、仕事で失敗をしたつらさを妻に打ち明ける、など何か大切な気持ちを女に伝えるとき、男は相当な決意を要するのですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>