効率的な受精方法

人間のペニスというのは通常は尿の排出を行う器官なわけです。でも尿を出すだけなら外に出っ張っている必要はないですよね。なぜペニスが出っ張って外にでているかといえば、ペニスには精子を放出して体内受精をするための性器という役割があるからですよね。その昔、生物がまだ海の中だけで生活していた時代には、現在の魚のように卵子と精子を海中に放出し、自然に受精するのを待っていたわけです。しかし生物が進化して陸上で生活するようになると、もっと効率的な受精方法をとる必要があったのです。陸上のほうが、海の中よりも環境がはるかに厳しいからです。そこで最も効率的で確実な方法が考え出されたのでしょう。それは卵子のあるメスの生殖器の中へ精子を直接送り込むというものですね。そのためには、メスの体内へ精子を放出するための器官を挿入しなければならないわけです。これがペニスの発達の経緯ですね。ペニスは、ほ乳類以外にも昆虫やは虫類、鳥類の一部、ミミズやカタツムリなどにもあるのですね。は虫類の中でもヘビやトカゲには、半陰茎と呼ばれる袋状のペニスが2本あって通常は裏返しの状態で体内に収められているのですが交尾のときにはそのうちの1本を使用するということのようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>