外見的、内面的な違い

人間の男女に外見的、内面的な違いがあるのは性ホルモンの働きによるわけです。ただ、男性でも少量の女性ホルモンが、女性でも少量の男性ホルモンが休内でつくられています。男性は睾丸から分泌される男性ホルモンにより、男らしい身体になるわけです。男性は女性より身体が大きくなり、全体的に筋肉質で、がっちりとした体つきになりますよね。男性のほうがヒゲや体毛も濃く、声変わりの変化も大きいです。男性のほうが声変わりが激しいのは、男性ホルモンの影響で、のどぼとけが成長するからです。そして女性より声帯も大きく伸びることで、声が低くなるといわれています。他にも男性ホルモンは次のような影響を与えます。ヒゲや体毛が濃くなる、ワキ毛や陰毛をより多く育成する、髪の毛の育成を阻害するので男性のほうがハゲやすい、など。それに、脂質の分泌が多いので脂ぎっており、体臭も強くなる。また性欲も強い。女性は卵巣から分泌される女性ホルモンにより、女らしい身体になります。女性のほうが男性よりも皮下脂肪が多く、肌もきれいで、全体的に丸みのある体つきになりますね。また、乳房がふくらみ、出産をするため骨盤も広く、ヒップも大きくなりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>